法人税

為替相場が乱高下する場合の臨時的な期末時換算法の為替レート

 2022年3月以降、外国為替相場は日米の金利差を主因として急激に円安ドル高方向に進んでおり、10月20日には32年ぶり…

2022年10月から大規模法人で臨場なしのリモート調査をスタート

 国税庁によると、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を契機として、対面機会を抑制することを目的に、Web会議システム等を…

為替の著しい変動があった場合の外貨建資産等の換算について

 昨今は米利上げの加速等により急激な円安が進んでいます。従って企業が保有する『外貨建資産等』の円換算に期末時換算法が適用…

ソフトウェア制作費等に係る会計処理等の公開草案

 2022年2月に日本公認会計士協会より「ソフトウェア制作費等に係る会計処理及び開示に関する研究資料 ~DX環境下におけ…

【国際税務】海外に支払う人的役務提供事業で源泉徴収が必要な場合

「インド法人に支払う一定の技術的な役務提供の対価」の日印租税条約の特殊ケースを除くと、外国法人等が日本で行った「人的役務…

動画作成費用と広告宣伝費

新商品の発表に伴いSNSで配信する商品PR動画など、企業がオリジナル動画を作成することは一般的となってきています。この商…

法人が交付を受けるコロナ関連の助成金等の収益計上時期

法人が新型コロナウイルス感染症等の影響に伴い、国や地方公共団体から助成金等の交付を受ける場合の収益計上時期は以下のように…

令和3年度税制改正:クラウドを通じてサービス提供を行うソフトウェアの研究開発を試験研究費の対象に追加

令和3年度税制改正における法人課税関係の改正では、研究開発税制に係る「試験研究費の額の範囲の拡充」や「総額型・中小企業技…

ソフトウェア導入のためのコンサル費用

税務通信3577号によると、ソフトウェア導入のためのコンサル費用は以下となります。例えば、既成のパッケー…

受託制作ソフトウェアの税務調査のポイント

受託制作のソフトウェア業は、安定した売上が見込めるケースが多いものの、開発開始後の仕様変更や検収完了が遅れること等により…

さらに記事を表示する
PAGE TOP